basicincome cinemas

ベーシックインカムシネマズの現状

2021-08-11

スクリーンショット 2021-08-09 16.38.49

サラリーマンをやめ、農業で障害者雇用率100%の会社の設立を目指す飯塚さん。先天性難聴という聴覚の障害のせいで、飯塚さん自身小さな頃から、聞こえにくさによってコミュニケーションが上手く取れませんでした。


アルバイト先の上司から、「君は考え方が甘すぎる!君は障害を持っているのだから、できないなら他の人よりも努力をするべきだ。そうしないと社会人になっても会社をクビになる。」と言われた経験から、

自分らしく生きていたくても、それを許さない社会が原因で「生きづらさ」が蔓延している社会の問題を、会社という組織を設立し、その会社の中で、社員全員が各々の個性を生かして、補完し合いながら価値を生み出す組織を作ることができれば、大きな声として社会に発信できるのではないか。

そう考えた飯塚さんは、独立して、障がい者雇用率を100%にした会社を立ち上げたい!と思い立ちます。

続きはベーシネで

スタッフからのメッセージ

飯塚さんが幼少期から経験されているコミュニケーションによる辛さ。そして、その強い原体験を元に起業し、「生きづらさ」が蔓延している社会の問題を解決するために行動する強い思いに、スタッフ一同も全力で応援します!


スクリーンショット 2021-08-09 16.39.05


早稲田大学に入学して2年、奥泉さんは授業をサボり、昼からお酒を飲み、麻雀卓を囲み、朝までお酒を飲んでいました。

ある日、大学の後輩女子から演劇サークルの公演のチケットを売りつけられ、それがきっかけで、大学3年の春、早稲田大学演劇研究会に入会することになります。

その後大学をやめ、就職もせず、売れっ子役者になるために必死で頑張るも、日々のオーディションには、年齢制限で落ちてしまう彼ももう24歳。

そんな中、売れっ子役者になるための、ある作戦を思いつきます。

続きはベーシネで

スタッフからのメッセージ

もともと弁護士を目指して勉強をされていた中、演劇サークルの公演を見たことがきっかけで役者の世界に踏み入った奥泉さん。まるで、映画のような話を映画にできるところに、とてもワクワクとドキドキに満ちています!


スクリーンショット 2021-08-09 16.39.50


高齢者や企業への筋トレ指導、フィットネスライターや筋肉タレントとしてのイベント出演など「筋肉何でも屋」として活動している中川さん。

トレーニングを適切に行う事で、健康寿命を伸ばし、生活習慣病の予防をすることで、日本の医療費削減にも貢献したいと語る中川さん。

そんな中、緊急事態宣言の影響で、仕事がほとんど無くなり、次の打ち手を考えるも、どれも上手くいかない中川さん。家族を養わなければいけない中、息子のある一言にチャンスを感じ、早速行動に移すことに。

続きはベーシネで

スタッフからのメッセージ

行き詰まっている中、息子さんのある一言にビジネスチャンスを感じ取った中川さんの行動力とセンスに魅了されました。息子さんにも、将来ベーシックインカムを支給したいとスタッフ一同賛成しています!


スクリーンショット 2021-08-09 16.40.04

生まれたときから壮絶な人生を送ってきたと語るえんじてやさん。

ホームレスや福祉施設の入所を経験し、高校卒業前に家出、その後はアルバイト生活の日々。

そんな中、とあるショーのモデルをやらないかと声をかけてもらい、軽い気持ちで出てみることに。今まで体験したことのない芸術的でキラキラした世界に魅了されたえんじてやさんは、自分と向き合い、この先何をしてきていきたいのかをよく考え、アイドルになることを決意。


クリエイター✖️アイドルとして唯一無二の存在を目指すと意気込み、早速行動していくえんじてやさん。

続きはベーシネで

スタッフからのメッセージ

壮絶な過去を乗り越え、自分の得意なことで勝負していく姿は、本当にかっこいいの一言に尽きます!クリエイター✖️アイドルとして唯一無二の存在になって欲しいですし、えんじてやさんならきっとなれると信じています!


スクリーンショット 2021-08-09 16.40.42

親からの反対を押し切り、消防士をやめ、自分の好きなことで生きていくと決断した當間さん。


まず初めに手をつけたのは、シェアハウス運営。

そして、そのシェアハウスからインフルエンサーになるメンバーを集め、活動していくも、鳴かず飛ばずの日々。


そんな中、あるメンバーの一人がtiktokをやろうと言い、早速行動に移す當間さん。そしてフォロワー数はぐんぐんと伸びるも、途中で予想だにしないアクシデントが起き。。。

続きはベーシネで

スタッフからのメッセージ

道頓堀で叫ぶ姿を見たときに、きっと當間さんは何にでもなれると思いました。やりたいことのために、やりたく無いことも必死でできる當間さんだからこそ、日本一のtiktokerになれるんだろうなと。。。。。


スクリーンショット 2021-08-09 16.40.27


ベーシックインカムの支給が終わり、AV男優を卒業した篠塚さん。しかし、その後双極性障害を煩い、入退院を繰り返すことに。


当時付き合っていた彼女からも別れを告げられ、両親からも見放された篠塚さんが次にとった行動は、アルバイトをすること。


しかし、自分の障害と共に社会を生きていくことの難しさに悩む日々。バイトをクビにされ、家で寝込む篠塚さん。そんな中、ある一本の電話が彼の人生を変えることになる。


続きはベーシネで

スタッフからのメッセージ

AV男優を卒業され、1年間のBIの支給も終わり、これから何をしていくんだろうと思っていました。今はアルバイトをしながら、模索中ということですが、きっとまた篠塚さんにも夢中になることが見つかると思っています!


スクリーンショット 2021-08-09 16.40.57

現役で早稲田大学に通う篠塚さん。そんな彼の夢はAV男優になること。

しかし、母親からの猛烈な反対にあい、家を出ることに。


友達の家を転々とする日々に、嫌気がさした彼は、とうとうAV男優としてデビューする。しかし、女装役でのデビューに頭を悩ます篠塚さん。


無事撮影を終えるも、このままAV男優として生きていくか葛藤した先に出した彼の答えとは。。。

続きはベーシネで

スタッフからのメッセージ

お母さんの言うことなんて、みんなの言うことなんてフルむっし。そんな篠塚さんの無視力が世界に革命を起こすとはまだ誰も気づいていないことでしょう。私たちは気付いていますし、全力で応援しています!


スクリーンショット 2021-08-09 16.41.18

高校卒業後、すぐさま就職し、一緒に働いている人達がワクワクしていないことに衝撃を受け、生活のためだけに仕事をする、そんな人たちの姿を見て、寂しくて、悲しい気持ちになった太田さん。


何でこんな社会なんだろう。18歳の頃に思ったこの問題を5年考えた先に辿り着いたのは、お金のない世界について考える哲学者への道でした。


しかし、お金のない世界を切望する太田さんに、2人目になる子供が生まれ、奥さんからも、その活動を反対される羽目に。


続きはベーシネで

スタッフからのメッセージ

お金のない世界の実現ということでは、私たちと似た分野でアクションしていく太田さん。哲学者ってどうやってなるんだろうという興味があったので、その様子を映画にできることに興奮しています!


スクリーンショット 2021-08-09 16.41.30

小さな頃から、シャチに魅力を感じてきたエニオンさん。


望む人なら誰でも理想とする変身が実現できる。そんな世界の実現を切望し、シャチの身体を制作し、魚からエネルギーを得ることで海中で1週間シャチとして生活した最初の人類になると意気込むも、シャチとは程遠い機体に苦闘する日々。


そんな中、同僚のあるアイデアに、チャンスをこぎつけ、機体を作り上げ、早速実験台に。しかし、海での実践は予想をはるかに超えるリスクとの戦いだった。。。

続きはベーシネで

スタッフからのメッセージ

シャチになるための機械を作っていくエニオンさん。いずれはiPhoneのような世界で使われるプロダクトになるのでは!?と真剣に期待を膨らましてしまいます。完成したら使わせてください!


スクリーンショット 2021-08-09 16.41.42

挑戦している自分を誰も応援してくれない。

そんな思いを持って小さな頃から人生を歩んできた永井さん。

一番の近しい存在である両親に認められたかった。ただ、背中を押して欲しかっただけだった。と語る彼の目標は、全ての挑戦が応援される社会=誰もが認め合える社会の実現。

そして、CBD✖️チャレンジャー で人の価値観を変えて誰しもが認め合える社会を作りたいと意気込むも、なかなか思うようにいかない日々。。。

続きはベーシネで

スタッフからのメッセージ

挑戦をしていると、揚げ足を取る人や邪魔をしてくる人などがたくさんいます。そんな中、ご自身の経験を元に、全ての挑戦が応援される社会の実現を目指す永井さんには、共感しかありません!また、CBD体験させて欲しいです!


スクリーンショット 2021-08-09 16.41.52

東京オリンピックを目指すも、国内予選で敗退。

その後、インストラクターとしての日々を過ごしていた河名さん。


そんな中、友人の誘いでMMAの試合を見にいくことに。

MMAの魅力に圧倒された彼は、仕事をやめ、MMAの世界でも世界の頂を目指すことを決断。


しかし、想像をはるかに超えた厳しい世界が、彼の選手生命をすぐさま脅かす。

続きはベーシネで

スタッフからのメッセージ

オリンピックの予選に敗退し、やりがいを失っていたときに、MMAに出会いどっぷり浸かってしまう河名さん。過去の悔しさをバネにまた世界1に挑戦する姿に、鳥肌が止まりません。かっこいい!の一言に尽きます!


スクリーンショット 2021-08-09 16.42.02

幼い頃、身体が弱く入院を繰り返していた雨宮さん。


両親は、少しでも身体が強くなるようにと色んなスポーツ教室に通わせてくれ、最後に残ったのが『走る』こと。


小学生の頃に観たアトランタオリンピックがきっかけで、走りで世界一になりたいと決心。その後、サハラ砂漠1000kmマラソンでトップを狙うも、病魔が彼を襲う。


続きはベーシネで

スタッフからのメッセージ

1000kmって徒歩で何分なんだろう?そんな疑問を抱きながら1000kmを走り抜く雨宮さんには、驚きしかありません。知らない間にマラソンのオリンピック選手にオーバーエイジで出場したりして。。。妄想が止まりません!


スクリーンショット 2021-08-09 16.42.13

高校中退後、俳優を目指し上京。しかし、俳優の夢も何か違うと思い、はっきりやりたいことが無くこのままでいいのかと自問自答し、すべてを一度手放し、ホームレスになることになった比山さん。


その後、バックパッカーとして世界を飛び回り、一冊の本に出会い、感銘を受けた彼がとった次の行動が、アメリカで起業すること。


日系スーパーに特化した買い物代行サービスを始めると意気込む彼だが、投資家からは相手にされない日々が続く。


続きはベーシネで

スタッフからのメッセージ

比山さんほど、面白いと思えば即行動に尽きる人は見たことがありません。

アメリカで起業し、シリコンバレーといえば、HIYAMAと言わしめるほどのサービスを作って欲しいです!私たちも負けません!